FEILER
この記事では一部、プロモーション広告を含みます。

【年齢層は?】おばさんっぽい?フェイラーのバッグを徹底解説!

sio

ドイツ・ババリヤ地方の伝統工芸織物”シュニール織”を代表するフェイラーのバッグ。

女性らしい花柄やキャラクター柄、シーズン柄などの150種類以上の幅広いデザインが人気を集めています。

そこで今回は、フェイラーのバッグの年齢層やおばさんっぽいという噂について元アパレル店員が徹底解説します!

スポンサードリンク
どの年齢に人気?

フェイラーのバッグの年齢層は?

フェイラーのバッグの年齢層は主に30代~50代で、花柄を中心とした華やかで上品なデザインがミセス世代を中心に人気です。

フェイラーのバッグはシンプルなコーディネートにも映えるデザインが多く、ドレススタイルやキレイめコーデにもぴったりです!

実際にフェイラーのバッグを購入した人の年齢層は?

実際にフェイラーのバッグの購入者37人の年齢層を楽天市場で調べてみると、20代が1人、30代が11人、40代が10人、50代が9人、60代以上が6人という結果になりました。

フェイラーのバッグ
楽天市場レビューの年齢層割合
20代
3%
30代
30%
40代
 27%
50代
24%
60代
16%
アンケートを実施!

フェイラーはおばさんっぽい?

実際にフェイラーはおばさんっぽいかについてもアンケート調査を実施してみました。

結果から言うと、フェイラーについて「おばさんっぽい」と答えた人は約19%、「おばさんっぽくない」と答えた人は約81%となっており、フェイラーについておばさんっぽいイメージを持ってる人は少数となっています。

フェイラーは「おばさんっぽい」と答えた人の意見

ミドル層以上の婦人コーナーに並んでいるのを見たため

フェイラーは「おばさんっぽいと思わない」と答えた人の意見

いろいろなキャラクターとコラボしていたり、ハンカチやポーチなどちょっとしたアイテムで取り入れやすいので

最近は若い人でも持っているイメージがある

果物や動物、キャラクターなどとても柄が多く、年齢を問わないデザインなので

おすすめランキング

フェイラーのおすすめバッグ3選

ランキング1位

ハイジ トートバッグ

フェイラー定番の小さなハイジ柄をプリントしたPVC素材のバッグ。

A4サイズの書類が横に入る大きさで、サブバッグとしても活躍します!

ランキング2位

ポプリンシャノン ミニバッグ

開口部分が大きく、物の出し入れが便利なPVC素材のバッグ。

サイズや柄もさまざまなバリエーションがあるので、使い方や好みに合わせて選んでみてください。

ランキング3位

プリーマアンジェリケ ファイユバッグ

愛らしいチューリップを洗練されたタッチで表現したプリーマアンジェリケシリーズのバッグ。

華やかなデザインで、日常のお出かけからお稽古通いなど、幅広い用途で使うことができます。

疑問点をチェック!

フェイラーのバッグに関するよくある質問

Q.フェイラーの人気の柄は?

フェイラーの人気の柄としてはハイジやラビリンス、ダズリングオーナメントなどがあります。

関連【ダサい?】人気の柄は?フェイラーを徹底解説!

まとめ

フェイラーのバッグは繊細なデザインが魅力!

フェイラーのバッグはフェニール織による繊細なデザインや絶妙なグラデーションなど、色鮮やかで豊かな表情が魅力です!

定番の柄以外にもさまざまなデザインがありますので、ぜひチェックしてみてください!

フェイラーのバッグの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認できます。

スポンサードリンク

「コーデがダサくないか不安…」、「服選びに自信がない…」という人におすすめなのが近年流行りのファッションレンタルサービス

その中でもお家にいながらスタイリストが選んで届けてくれるサービスが人気で、自分にぴったりの服を選んでくれます!

レディース
ファッションレンタル

女性におすすめNo.1はこれ!

airCloset(エアクロ)は、テレビや雑誌などで活躍するプロのスタイリストが自分に似合う服を決めて送ってくれるレンタルサービス。

特に30代~50代の女性に人気で、「服を選ぶ時間がない」、「どんな洋服が似合うのかわからない」という方におすすめです!

メンズ
ファッションレンタル

男性におすすめNo.1はこれ!

UWearは、メンズ向けのスタイリストが選んだ洋服をレンタルできるサブスクサービス。

普段使いの洋服を選ぶのが苦手な方はもちろん、営業や仕事での洋服に困っている方にもおすすめです!

ABOUT ME
しお
しお
元アパレル店員
海外ブランドの輸入・販売に携わった経験を活かし、ファッションブランドの特徴や人気のコーディネートをご紹介します。
記事URLをコピーしました