TOMWOOD
この記事では一部、プロモーション広告を含みます。

【ダサい?】トムウッドのリングを元アパレル店員が徹底解説!

sio

トレンドに左右されないエレガントなシルバーが印象的なトムウッドのリング。

北欧らしいミニマルかつエッジの効いたデザインが人気を集めています。

そこで今回は、トムウッドのリングのダサいという噂やおすすめモデルについて元アパレル店員が徹底解説します!

スポンサードリンク
口コミ・評判

トムウッドのリングはダサい?

実際に、トムウッドのリングがダサいかどうかについてネットアンケートを実施してみました。

結果から言うと、トムウッドのリングについて「ダサい」、「ややダサい」と答えた意見は約25%程度となっており、ダサいと答えた人の意見としては「大きくて目立つため」というものがありました。

トムウッドのリングは印台リングやストーンを中心に、やや厚みのある重厚感を感じさせるつくりが特徴です。

そのため、ピンキーリングのような細めのリングを探している人には不向きですが、手元を印象的にしたい人やモード系のコーデにはぴったりとハマります!

また、大きめながらも無駄のない洗練されたデザインなので幅広いコーディネートに合わせやすく、メンズ・レディーともに使うことができ、ペアルックなどにも人気のアイテムです。

以下、トムウッドのリングがダサいと思うかについてのアンケート結果になりますので参考にしてみてください。

トムウッドのリングのイメージ調査
ダサいと思う
6%
ややダサいと思う
19%
どちらとも思わない
13%
あまりダサいと思わない
31%
全くダサいと思わない
31%
アンケート方法

トムウッドのリングがダサいかどうかについて5段階でアンケート調査を行いました(CloudWorksにて実施)
※小数点以下は四捨五入

トムウッドのリングは「ダサい」・「ややダサい」と答えた人の意見

シンプルで大きくて目立つものが多いので

デザイン的にゴツさがあって主張感があるので

トムウッドのリングは「あまりダサいと思わない」・「全くダサいと思わない」と答えた人の意見

太めで石がついているものが多いですが、デザインはシンプルなのでコーディネートしやすいので

飾りが大ぶりなデザインが好きなため、ダサいとはまったく思いません

デザインに流行り廃りがないものなので

最近また大き目なリングが流行ってきているから

おすすめランキング

トムウッドのおすすめリング3選

ランキング1位

Cushion Ring

角形のブルーホークアイやオニキスなどの天然石をあしらったシリーズ。

ランキング2位

Oval Stain

ツヤのあるポリッシュ仕上げのベースにした丸い印台型のリング。

ランキング3位

Cushion Open Ring

フロントオープンの軽やかなデザインのリング。

疑問点をチェック!

トムウッドのリングに関するよくある質問

Q.トムウッドのリングの年齢層は?

トムウッドのリングの年齢層は主に20代~40代で、洗練されたスタイリッシュなデザインが比較的若い世代に人気を集めています。

関連【芸能人にも人気!】年齢層は?トムウッド(TOMWOOD)を徹底解説!

まとめ

トムウッドのリングは重厚感が魅力!

トムウッドのリングはミニマルなデザインながらもしっかりとした重厚感があり、エレガントな仕上がりになっています。

ストーンの有無や形などさまざまなデザインがありますので、ぜひチェックしてみてください!

トムウッドのリングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認できます。

スポンサードリンク

「コーデがダサくないか不安…」、「服選びに自信がない…」という人におすすめなのが近年流行りのファッションレンタルサービス

その中でもお家にいながらスタイリストが選んで届けてくれるサービスが人気で、自分にぴったりの服を選んでくれます!

レディース
ファッションレンタル

女性におすすめNo.1はこれ!

airCloset(エアクロ)は、テレビや雑誌などで活躍するプロのスタイリストが自分に似合う服を決めて送ってくれるレンタルサービス。

特に30代~50代の女性に人気で、「服を選ぶ時間がない」、「どんな洋服が似合うのかわからない」という方におすすめです!

メンズ
ファッションレンタル

男性におすすめNo.1はこれ!

UWearは、メンズ向けのスタイリストが選んだ洋服をレンタルできるサブスクサービス。

普段使いの洋服を選ぶのが苦手な方はもちろん、営業や仕事での洋服に困っている方にもおすすめです!

ABOUT ME
しお
しお
元アパレル店員
海外ブランドの輸入・販売に携わった経験を活かし、ファッションブランドの特徴や人気のコーディネートをご紹介します。
記事URLをコピーしました