Knot
この記事では一部、プロモーション広告を含みます。

【恥ずかしい?】ノットの時計を徹底解説!

sio

2014年に吉祥寺で誕生したウォッチブランド「Knot(ノット)」

10万通り以上の中から組み合わせるカスタマイズウォッチを得意としており、自分好みの時計が作れると人気を集めています。

そこで今回は、ノットの時計の恥ずかしいという噂やおすすめモデルについて徹底解説します!

スポンサードリンク
口コミ・評判

ノットの時計は恥ずかしい?

実際に、ノットの時計が恥ずかしいかどうかについてネットアンケートを実施してみました。

結果から言うと、ノットの時計について「恥ずかしい」と答えた人は約7%、「恥ずかしいと思わない」と答えた人は約93%となっており、ノットの時計は全く恥ずかしくないと言えます。

また、今回アンケートを行った中でノットの時計が恥ずかしいと答えた人の意見としては「価格が安いイメージなので」というものがありました。

ノットの時計は1~3万円台が中心となっており、時計をステータスとして着けたい人にはやや不向きではありますが、北欧のようなミニマルさを感じるデザインはしっかりとした高級感を感じさせてくれます。

また、メイドジャパンにこだわって作られており、比較的シンプルなものが多いのでスーツに合わせてもカジュアルな服装に合わせても良く、オンオフ問わず活躍してくれるのもポイントです!

以下、ノットの時計が恥ずかしいと思うかについてのアンケート結果になりますので参考にしてみてください。

ノットの時計のイメージ調査
恥ずかしいと思う
7%
恥ずかしいと思わない
93%
アンケート方法

ノットの時計が恥ずかしいかどうかについて5段階でアンケート調査を行いました(CloudWorksにて実施)
※小数点以下は四捨五入

ノットの時計は「恥ずかしい」と答えた人の意見

価格が安いイメージなので

ノットの時計は「恥ずかしいと思わない」と答えた人の意見

文字盤・アワーマーカー・針などのデザインが繊細で、洗練された綺麗な外見のため、恥ずかしいとは思いません

シンプルで使いやすいデザインだから

しっかりしたブランドだし、品質も良いから

とても品があって使用している人もセンスが良いと思える

繊細で高級感のあふれるデザインなので、オフィシャルなシーンには最適

おすすめランキング

ノットの時計のおすすモデル3選

ランキング1位

THE CLASSIC SMALL SECOND

直径36mm、厚さ6.5mmのスリムなケースのKnot Timepieceを代表するモデル。

ランキング2位

THE CLASSIC LADIES SOLAR

外寸を32mmとし文字盤の視認性、ストラップとのバランス、腕周りの細い女性の腕元によりマッチする大きさの3要素から導き出した女性のためのシリーズ。

ランキング3位

THE CLASSIC CHRONOGRAPH

懐中時計をベースとし、規律、視認性を重んじた精悍なフェイスデザインの2カウンタークロノグラフコレクション。

疑問点をチェック!

ノットの時計に関するよくある質問

Q.ノットの時計の年齢層は?

ノットの時計の年齢層は主に20代~50代で、シンプルモダンなデザインは幅広い世代に支持されています。

まとめ

ノットの時計はコストパフォーマンスの高さが魅力!

ノットの時計は国産ムーブメントと繊細なデザインを兼ね備えながらも比較的リーズナブルな価格を実現したコストパフォーマンスの高さが魅力です。

本体とバンドを自分好みに組み合わせて購入することができるので、ぜひチェックしてみてください!

ノットの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認できます。

スポンサードリンク

「コーデがダサくないか不安…」、「服選びに自信がない…」という人におすすめなのが近年流行りのファッションレンタルサービス

その中でもお家にいながらスタイリストが選んで届けてくれるサービスが人気で、自分にぴったりの服を選んでくれます!

レディース
ファッションレンタル

女性におすすめNo.1はこれ!

airCloset(エアクロ)は、テレビや雑誌などで活躍するプロのスタイリストが自分に似合う服を決めて送ってくれるレンタルサービス。

特に30代~50代の女性に人気で、「服を選ぶ時間がない」、「どんな洋服が似合うのかわからない」という方におすすめです!

メンズ
ファッションレンタル

男性におすすめNo.1はこれ!

UWearは、メンズ向けのスタイリストが選んだ洋服をレンタルできるサブスクサービス。

普段使いの洋服を選ぶのが苦手な方はもちろん、営業や仕事での洋服に困っている方にもおすすめです!

ABOUT ME
しお
しお
元アパレル店員
海外ブランドの輸入・販売に携わった経験を活かし、ファッションブランドの特徴や人気のコーディネートをご紹介します。
記事URLをコピーしました